多様化する供養の仕方

人が亡くなった後、残された家族に課せられるのが供養です。
葬祭業者の進めるまま、又は地方の習慣に則って行う供養がこれまでは主流でしたが、最近ではそうした方法がどんどん変化してきているのです。



日本の場合、その家の宗教に応じて仏式、神式などの葬儀を執り行うことになります。
葬祭業者に依頼した場合には、通夜から葬儀、納骨や四十九日に至るまであらゆる行事の紹介を受けます。


ごく一般的なプランをこうした業者は勧める訳ですが、時としてかなり費用が高額になることもあり、現在では各家ごとに独自の供養の仕方を選ぶ人達が増加しているのです。



最近よく話題になる、家族だけの小規模な葬儀はその代表です。
葬儀のやり方も一律ではないのが現代の特徴です。

永代供養墓のサービスプランの比較情報です。

故人の希望や生前好きだったものを積極的に取り入れて、遊び心のあるオリジナルな葬儀を行う人も少なくなく、生きている間に棺や骨壺などを用意しておく人もいます。
埋葬の仕方も様々です。

先祖代々の墓に入らずに樹木葬や散骨などのスタイルを取る人も珍しくないのです。

供養は心が大事と良く言われますが、最近の風潮を見ていると特にそういった傾向が強く感じられます。

合理化を求める時代の影響もあり、より本質を見つめた行動が見直されてきていると考えることが出来ます。

テレビでは有名な占い師などが折に触れ供養について説いており、若い世代の間にも自分のルーツや先祖を敬う視点が生まれつつあります。

形ではなく心で弔う、という時代に近づいているのです。